鍼灸師:中川照久

東京駅前鍼灸院

院 長

中川 照久

Nakagawa   Teruhisa

 鍼灸師 カイロプラクター

―profile—

 

家庭の影響で幼少期から整体術や東洋医学、ツボなどに親しむ。

その他にも、茶道や百人一首、バイオリン、野球、スキーなどに傾倒した。

都立三鷹高等学校在学中にカナダ・ヴィクトリアに留学し、日本文化として茶道(表千家)を紹介。

高校三年時にはオーストラリア・メルボルンに2回目の留学を果たし、カイロプラクティックを知り感銘を受ける。

日本に帰国後、国内最大のカイロプラクティック校に入学し、卒業。

在学中は治療のセミナーや勉強会に多数参加し、実際に都内の治療院を巡り学びを深める。

カイロ校2年時にカイロプラクティックの本場であるアメリカ・カリフォルニア州にあるカイロプラクティック大学Life Chiropractic College Westにて人体解剖実習を含む解剖学課程を修了。

 

その後、新宿鍼灸柔整専門学校(現・新宿医療専門学校)に進学し、在学中は東京医科大学にて解剖実習に参加。

同校を優等な成績で卒業し、日本鍼灸師会賞を受賞。

 

不眠症、頭痛、自律神経症状、めまい、難聴、耳鳴り、逆流性食道炎、不妊症など幅広い疾患を専門として、10年以上の臨床歴と2万人以上の施術実績を持つ。

鍼灸治療はもちろん、カイロプラクティック・オステオパシーなどの多種多様の手技療法や気功術などにも造詣が深い。

都内治療院の統括院長、技術教育員などを経て、2019年4月 東京駅前鍼灸院 院長に就任。