当院の鍼治療について

当院では、以下のような様々な鍼療法を最適な形で組み合わせて治療を行います。

管鍼法

「管鍼法」というストロー状の管を使ってはりを刺入する技法を使います。管鍼法は、杉山和一(1610~1694)という江戸時代中期の鍼師が開発した技法です。

この鍼技法は「鍼管」と呼ばれる管ではりを刺入する面を圧迫して皮膚の感覚を麻痺させた状態ではりを素早く刺入するため、痛みがほとんどありません。

現在では、日本だけでなく世界各国で広く採用されている術式です。

北里式経絡治療

北里大学東洋医学総合研究所で実践されている鍼灸治療法です。

経絡治療は、日本独自の鍼灸治療法で、体質を改善させるための根本治療と、痛みを緩和する対症療法を同時に行うため、高い効果が期待できます。

北里大学は、その経絡治療を研究、実践し、より効果を見込める独自の経絡治療を体系化しています。

トリガーポイント鍼

トリガーポイントとは、筋肉の反応点を意味します。押すとたいてい痛みがあり、圧迫を続けることで症状が緩和します。

このポイントを鍼を使って刺激するため、指圧よりも痛みがなく効果的に筋肉の硬さを除去できます。

電気鍼治療

刺入した鍼に優しい電気の刺激を加える治療法です。「筑波大学式低周波鍼通電療法」とも呼ばれ、筑波大学理療科教員養成施設で研究されています。筋血流の増加、交感神経活動の抑制などの効果があり、しびれや感覚鈍麻、神経性の痛みに有効です。

いちょう鍼

皮膚表面を撫でる刺激によって、過剰に興奮した神経をなだめます。

鍉鍼(ていしん)

鍼を刺入せずに、優しい刺激で経絡の流れを正します。

当院の灸治療

頚椎症や腰部脊柱管狭窄症、打撲などの外傷や不眠症、逆子の治療など、灸が特に効果を発揮する疾患も多いため、鍼治療と併用して行うこともあります。

透熱灸

灸頭鍼

灸頭鍼

灸の種類は様々で、薬局などで販売されているセルフケア用のせんねん灸や火を使わない電気やカイロ式のきゅうなど多岐にわたります。

当院では、灸の中で最も伝統的で効果が高いとされている透熱灸と呼ばれる灸法を使用します。

透熱灸は術者が症状に応じて最適なモグサの量とモグサを捻る硬さを調節するため、気持ちの良い温かさで最大限の効果を生み出すことができます。

しかし、透熱灸を実践するためには、ある程度の技術の修養が必要なため、灸の治療を専門的に行っている鍼灸院でしか受けることができません。

ぜひ一度、当院で本格的な灸治療をご体験ください。

当院の鍼灸治療の6つの目的

1. 症状の改善

痛みや痺れなどの症状の改善を目標に治療に取り組みます。

肩こり、腰痛、首の痛み、関節痛、頭痛、不眠、耳鳴り、難聴などはもちろん、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症などの難病も専門としております。

2. 体質の改善

不妊症、基礎代謝の悪さ、冷え性、アトピー、いびき、歯ぎしり、怒りっぽい など身体の本質的なお悩みを根本的に改善していきます。

定期的な通院をある程度の期間継続して頂く必要があります。

3. 自律神経の調整

自律神経失調による不快感を除去していきます。

全身に対する優しく心地良い鍼の刺激で自律神経系を正常化します。

4. 全身疲労の回復

明確な症状は感じないが、とにかく全身が重くだるい など疲労の早期回復を目指します。

5. 美容の鍼治療

しわ、しみ、たるみ、肌荒れ、顔色が悪い、顔が疲れている、化粧ノリが悪い、顔がむくみ大きく見える など美容のお悩みを改善します。また、鍼灸治療は究極のアンチエイジングでもあります。

6. 精神面のケア

何となくやる気がないとか、何となく気分が晴れないとか、人前で異常に緊張してしまうとか、生きていく元気が湧いてこない、何をしてもつまらないなど、他人には何と伝えればよいのかが分からないような鬱屈とした気分を解消します。

効果を追求した鍼灸治療

当院には、一般的な病院や鍼灸院、整骨院などの治療で効果が表れない方や、手術をしても症状が改善しなかった方が数多く来院しています。

症状が重い方への治療は、「治療の刺激の程度の調節」が最も重要です。

治療の刺激が弱すぎれば効果がでにくく、刺激が強すぎれば病態を悪化させてしまいます。

そのため、当院では症状を徹底的に分析し、無駄なく最大限の効率を見込める治療ができるように努めております。

また、治療時間に関しても、長時間の施術は身体への負担がかかりますので、二回目以降の施術時間は約20~25分(1枠)、症状が全身各所に及ぶ方は約50~55分(2枠)にさせて頂いております。

治療する箇所は必要最低限に絞り込んでこそ、最大の治療効果を生み出すことができるのです。

最適な施術時間で、要所を抑えた治療を行っております。